石田ゆり子のメイク方法を大解剖

石田ゆり子さんのメイクで思い浮かぶのは、ナチュラルメイクではないでしょうか?

出典:instagram「石田ゆり子 yuriyuri1003」

素肌もキレイな石田ゆり子さんだから、よりナチュラルメイクが映えます。

石田ゆり子さんがどんなメイクをしているのか? 興味ありまくりの今日この頃です。

ネコリン

私は、石田ゆり子さんのメイクを真似して、かわいい石田ゆり子さんに近づきたいのだ~。

ということで、今回は石田ゆり子さんのメイク方法を大解剖してみました。

では、さっそくいきましょう。

石田ゆり子さんのメイク方法とは?

メイク前準備

メイク前は化粧水などでしっかりと保湿しておきます。


石田ゆり子 毎日の肌ケア法とは?保湿の仕方はこちら

日焼け止め

石田ゆり子さんは一年中日焼け止めをつけています。

日焼け対策・美白のためにも、ぜひ日焼け止めは使いましょう。

化粧下地(コントロールカラー)

化粧下地はパープルを使用。

パープルの化粧下地は、肌の血色のよい透明感のある肌をつくり出します
そして、華やかでエレガントな印象をあたえます。

厚くならないよう、必ず薄く塗りましょう。

ファンデーション

クレンジング不要のリキッドファンデーションを使用。

額・鼻・両頬・アゴの部分にファンデーションを指でのせ、軽く叩くようにのばして厚くならないようにします。

コンシーラー


くすみなど、隠したい部分にコンシーラーをのせ、指で軽く叩いてなじませます。

フェイスパウダー

透明感のあるパウダーを使用。

額や目の周りのみに使用します。

パウダーは顔全体にはつけない。

アイブロウ(眉)

石田ゆり子さんは眉にはとてもこだわりを持っています

眉頭は薄く自然に書く。

眉と眉との間は少し離れ目にする。

アイブロウペンシルで眉山部分に向かって、ほぼ目と平行にキツクならないよう、ゆるく柔らかな曲線を描く。眉山から眉尻に向かって自然におろす。

ナチュラルな太眉に仕上げるために、さらにブラウン・ブラック系のアイブローパウダーで眉毛の毛と毛の間を埋めるようにのせてから、丁寧にぼかします。

アイシャドウ


ハイライトのアイシャドウをまぶた全体にのせてから、 パール入りオレンジ系のアイシャドウアイホール部分にのせる。

二重部分から目のキワ辺りにブラウン系のアイシャドウをのせる。

指で軽くぼかして自然に仕上げます。

目頭部分に少しだけハイライトをのせて肌の透明感を出します。

アイライナー

ペンシルタイプとリキッドタイプの両方を使用します。

ブラウン系のペンシルタイプまつ毛の間を埋めるように入れる。

ブラウンのリキッドアイライナー目尻を少し下げてタレ目にします。

マスカラ


ブラックのマスカラを濃すぎず自然に

チーク

オレンジ系のクリームチークを使用。

頬の高い部分にチークを少しのせ、指で軽くポンポンポンと伸ばし肌になじませる。

オレンジ系のチークで健康的で華やかな印象をあたえます

口紅(リップ)

オレンジ系・ピンクベージュを使用し、ナチュラルに見せます。

まとめ

今回は、石田ゆり子さんのメイク方法を大解剖してみました。

石田ゆり子さんは若い頃からナチュラル感を大切にしています。
よって、濃いメイク色はほとんど使用していません

ファンデーションも薄めにのせることでよりナチュラルな仕上がりになります。
ということは、土台となる素肌づくりがより大切になってきます。

キレイな素肌をつくり、そこにナチュラルメイクをすることで、石田ゆり子さんのようにキレイになれるということです。

キレイな素肌になれるよう心掛けていきたいと思います。

参考にしていただけたら嬉しいです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です